型紙



@ 型紙は延長して使います
お子さんの股下から床までの長さを計ります
A 図のようにAから@で計った長さをとります
B 型紙のBの幅をそのまま伸ばします
裁断
ウエストの縫い代 ウエストゴム幅+1cm 裾 4〜6cm 
脇の縫い代 2cm
縫製
@ 前・後ろの股上を本縫いします
A 股下・脇は仮縫いをします
B 裏のままお子さんにはかせます
ウエストを上に引き上げすぎないように
C ダーツの必要があるかチェックします
D 腰のゆるみがあれば、
両側を同じだけつまんで印を付けておきます
E ひざ頭より1cmうえのところで
両側を同じだけつまんで印を付けておきます
F 裾の位置の印をつけます
靴をはかないで床すれすれの長さです
  ウエストの位置もこのときに決めてもかまいませんが、
できれば、股下と脇を本縫いしてから表に返したもの試着して印を付けます
G 元の型紙の下の印 〜 ひざ頭の印 〜 裾の印より1センチ外側 直線で結びます
  ヒップがゆるくてつまんだ方は、
つまんだ分型紙の内側を縫うことになるので
そこからつなぎます
H 股下と脇を本縫いします
I 前側の裾は中央を1cmふくらませます。まっすぐでも大丈夫です。
二つ折りで裾の始末をします
J ウエストにゴムをいれます。
ゴムはウエストの長さちょうどに切って2cm打ち合わせます